M&Partners Consulting || セミナー・コンサルタント・講演・英語研修 他

  • 会社概要
  • 代表メッセージ
  • リクルート
  • お問合せ
 
>> M&Partners International Home > Com. > 第7回(2)  Diane Mary Foleyさん/玉載旭(オクゼウク)さん/Tongprasit Benjamasさん

M&Parners International トップページへ

ビジネスに役立つインタビューをWEBで連載中!!

コムドットを読む
 

クライアント様はもとより、通訳者、翻訳者などのパートナーの皆様と、よりインタラクティブな関係をもちたい。そんな願いで開いたコンテンツです。
毎回、様々な業界でご活躍のかたにご登場頂き、様々な角度からお話を伺っております。

Diane Mary Foleyさん プロフィール

アイルランド生まれ。
アイルランド・ダブリンシティ大学でドイツ語・スペイン語・ビジネスのコースを卒業後来日。愛知県の教育委員会で3年間勤め(JETプログラム)その後東京の日本企業でコーポレート・コミュニケーションのスタッフとして就業


 

玉載旭(オクゼウク)さん

韓国釜山生まれ。
2003年韓国高麗大学電子工学部卒業後来日。2004年4月から東京大学大学院新領域創成科学研究科在学。モバイルネットワークなどを研究中。


 

Tongprasit Benjamasさん プロフィール

バンコク生まれ。
1999年4月タイの高校を卒業した後文部科学省の国費留学生として来日。東京大学工学部電子工学科を卒業、現在同大学院修学中。タイ語を教る他、翻訳、通訳に従事。


 

アイルランド出身のダイアンさんにはファッション関係で、難解なインタビューの翻訳チェックをずっとお願いしています。移動体通信のタイ語の翻訳をしていただいているタイ人のベンジャマース(以下、ベンさん)さん、それからオクさんは、韓国ご出身ですが、韓国の通信関係のリサーチなどのプロジェクトでお手伝いいただいています。ベンさんとオクさんは実はまだ、東京大学大学院で研究されている留学生でもありますが、今回は私たちのエムアンドパートナーズ(以下M&PI)の業務を担っていただいている海外からいらした若い方々にお集まりただいて、日本でのビジネスのやり方と各国のお国事情の違いなどをざっくばらんにお伺いしました。
(インタビュアー M&PI 桃原 則子)

001. いろいろな国の言葉の学校があるのは日本だけの光景

ダイアン 私は、日本は8年目で、大学卒業してから日本に来て、ずっと日本で仕事を続けています。きっかけは、ジェットプログラムというプログラムなんですけど、ご存知ですか。文部省が国際交流を良くするために、各国から人を集めているのですが、私はアイルランドで、日本の大使館にエントリーして来ました。最初の3年間は愛知県の県教育委員会で仕事をさせていただきまして、で東京に移って、この3、4年間は日本企業で仕事をさせていただいています。

オク はい。僕はあのう、去年10月から東京大学の大学院でモバイルネットワーク関連を研究しています。日本に来たのは、今回2回目で、最初は2001年、大学3年の時、交換留学プログラムを通じて早稲田大学で1年間勉強しました。それから韓国で大学を卒業して、今回は大学院への進学という形で、また来日しました。

ベン えーとベンです。タイから来ました。タイで高校を卒業して99年から来まして、1年目は日本語学校に通ってて、その後は大学に入りました。今は修士1年ですが、オクさんと私、まったく同じ学部なんです。今勉強している内容は、携帯電話やデジカメとかの中にある、チップとかの設計することをやってます。

桃原 早速本論に入っていきたいんですが、私たち日本人が日本に住んでると気が付かないこととかがいっぱいあると思います。、みなさんのように外国からやってきた方たちが、事前に日本ってこんな国だろうと思っていたのに、来日して発見した違いやギャップにはどんなものがありましたか。

ダイアン アイルランドは人口350万人で人が少ないせいか、人々がお互いにすごい気を遣うとか、何かあったらお互いを助け合うとか、そういうことは当たり前の国で育ってきましたので、最初に日本に来た瞬間は、なんかいきなり、すごい大勢の人がいて、国の幅も面積もすごい広い国だって。で、知り合いじゃないと、お互いをあまりなんか助け合えない。けっこう日本人はサークルがあって、知り合いになったらみながすっごい優しくて、何でもなんか助けてくれると思うんですけれども、でもまったく知らない人だったら、誰か本当に困っている人がいても、あまり人が止まったり、「どうしましたか」とか助けてこない感じがして、それでなんか文化がちょっと違うと。

桃原 いつぐらいから自分は逆に日本に受け入れられたな、つまりサークルに自分が入ったなって気がつきましたか?

ダイアン 職場とかの中では、自分がいる居心地が良いスペースというか、そのサークルにずっと入っています。でも日本ではまだまだ外国人の存在が少ないということで、何て言えばいいのかな、若い人はまだいろいろ変わった考え方とか、変わったことに対してすごい受け入れやすいと思うんですけれども、ちょっと考え方はまだそこまでオープンではないという感じですね。ただそれもグローバル企業でしたら、みながだいたい考え方がオープンで、一緒に仕事できるとか、いろいろ他の国の文化とかに対して理解性が高いとか、ということは感じます。

桃原 オクさんも同じこと感じますか?

オク ああ、ありました。先ず日本に外国人が少ないという点もあると思うんですけれども、それ以前に多くの人は外国に対しては驚くほど関心をもってないような気がします。韓国がどこにある国か知らない人にも会ったこともありますから。日本人って、気配りが多いをいわれますが、確かに「外人」に対する気配りは多いですが、同じ場所に住んでいる「仲間」として扱ってもらうのはなかなか難しいですね。
また、日本に来る前は地理的に日本が韓国より南にある国だとずっと思っていましたが、実はそうじゃなかったのを挙げられますね。南にもあったんだけど細長くて寒いところもあるのを日本に来てテレビで天気予報を見ながらやっと気づきました(笑)。あとはまあ、日本って世界で、アメリカと並んで、お金が多くて生活豊かな、そういうイメージがあったんですね。みんなお金を自分が好きなように使えて、それで欲しいものが買えて、楽しく過ごしているんじゃないかなあというイメージがあったんですけど、来てみたらそうではなかったですね。すごい勤勉というか、お金があってもそう無駄遣いをしない。そういう人々が多いですね

ベン 私、オクさんとは反対の意見。日本人って、人によって違いますけど、他の国のことにはけっこう関心を持ってるっていうこと。日本に来る前は、日本では国際ニュースとか少なくて、自分の国のことばかり、例えば、スポーツの放送とかも日本人のいる試合しか放送しないとか、そういう話をいろいろ聞いていました。でも日本に来て他の国には絶対ない光景、例えばいろんな世界の言葉を教える学校とか、ネパール語とかタイ語とかまで(を見ました)。アメリカに留学しているタイ人の友達と話した時に「ええ何で? みなが他の国の言葉習ってもしょうがないじゃない」、そう言われました。だからけっこう文化とか、文化の違いについても、興味を持つ人が多いなと。