M&Partners Consulting || セミナー・コンサルタント・講演・英語研修 他

  • 会社概要
  • 代表メッセージ
  • リクルート
  • お問合せ
 
>> M&Partners International Home > Com. > 第1回 桃原則子さん

M&Parners International トップページへ

ビジネスに役立つインタビューをWEBで連載中!!

コムドットを読む
 

クライアント様はもとより、通訳者、翻訳者などのパートナーの皆様と、よりインタラクティブな関係をもちたい。そんな願いで開いたコンテンツです。
毎回、様々な業界でご活躍のかたにご登場頂き、様々な角度からお話を伺っております。

桃原則子 プロフィール

アメリカ・ワシントン州立ウェスタンワシントン大学政治学科卒。日本帰国後、フリーランス通訳・翻訳としてキャリアスタートをきる。おもに通信やマスメディア系で長く経験を積み、それら分野での造詣も深い。
同時期、欧州専門旅行社登録専任コンダクターとしてヨーロッパを中心に添乗、現在の幅広いグローバルネットワークの基礎を築く。
1985年つくば科学万博松下館通訳コンパニオンとして採用され、国内外の元首、王族、皇室、政財界首脳の接遇にあたる。博覧会終了後、バイリンガルナレーション・司会等での活動も開始。数々のIT系海外展示会などで多くの通訳業務や現地スタッフマネジメント経験を積む。一方、全国の博覧会コンパニオン研修の講師として、人材育成キャリアのスタートをきり、多様なニーズにこたえるトレーニング実施を多く手がけている。その他、留学時代よりボランティアベースで女性・子供や在日外国人等マイノリティの人権擁護活動にも深く関心を寄せている。
タフなネゴシエーションとユニークなパーソナリティで、様々な方面で意欲的に活躍中。現在一児の母。
 

001. サテライト・オフィス・スタイル宣言

今日は、今後、私たちM&Partners International (以下 M&PI)のワークスタイルを、サテライト・オフィス・スタイルに移行していくことをお伝えします。これは会社スタート当初から考えていたことでして、すでに一部トライしはじめています。具体的にいいますと、毎日の業務は、個々のスタッフがそれぞれ最適と思う作業スペースで、それぞれに自分のプロジェクトを完結させていく。そして自由が丘のメイン・オフィスはスタッフ個人や、業務全体をバックアップ、サポートする機能をもつというスタイルです。
  最近、ネットを軸に大きな所と小さな会社がジョイントしてビジネスモデルを生み出すことも多くなってきていますよね。それはつまり、会社の大小に関係なく、“ウィンウィンな関係”でプロジェクトを作り上げていくことが、より強く求められていることだと思うんです。
 
  実は、私どもも今年設立5周年となりました。厳しい状況の中にもかかわらず、本当に、皆様のお陰をもちまして、なんとか順調に育ってきました。で、このオフィスを開いたときからの私の思いなんですが、ネットワークをベースに、できるかぎりディスクローズした形で、公での評価にも耐えうるビジネススタイルを実現したいということです。気負った言い方かも知れませんが、これからの働く女性の新しいスタイルとして一石を投じていくことだとも思っています。こういう働き方があるんだなと。これなら自己実現できるんだということを伝え、広げていければと。それを可能にするのが、明快でインタラクティブな関係でやりとりできるサテライト・オフィス・スタイルだと思うんです。

 

002. ポイントはフィジカルと精神のインフラ

もちろん、世の中は多様で大切だと思うことも人それぞれ、働く環境もさまざまです。オジ様が牛耳っている会社。オジ様をしり目に男オンナになってしまった女性モドキ(笑)といろいろですけれど、単に何かの事情で、フィジカルに、物理的に会社に出社できないというだけで仕事するチャンスをもらえないというのは、社会資本としてももったいないと思うんです。
  女性だけのことではありません。先日、私が親しくしているご家族で、まだ若い奥様が亡くなりました。残されたご主人は、いきなり父子家庭というわけです。自分で会社を経営されている方なんですが、自宅をサテライトという風にしてもいいですし、今の時代はTV会議だってできるじゃやないですか、とお話ししましたら、「それは、すごい、まさにIRだ」とおっしゃって気を取り直されたようです。
  そうなんです。そうしたインフラはどんどん追いついてきます。そうか、やるぞ、という意欲こそが大事なんですね。きれいなオフィスに勤めていて、仕事があっていないとか、給料が安いとか、何でそんなハッピーじゃないの? と聞きたくなる人たくさんいますよね。ちょっと近くに来たからというようなご用聞き営業や、いわゆる昔の内職のようなことをさせるSOHOも違います。
  これからは、社会的に確立された企業から正当な評価と報酬をいただきながらやっていけるんです。私は、仕事も、生活も含めて、うちにかかわる人々が自己実現を果たしているかどうかを一番気に掛けています。それができていなければ代表としての役割を果たしていないことになりますし、また、個の幸せが社会全体の幸せにつながっていくんだと思いますから。ネットワークを介してご一緒に仕事させていただく方々も含めて、皆が楽しいね、ハッピーだねでつながってもらえることが一番嬉しいし、目指していることでもあります