2019

常に時代の半歩先を
歩いてきた

「御社の強みはなんですか」

今年創業21年目を迎える弊社代表として、
これまで何度も投げかけられた質問です。

そのつど「グローバルなネットワーク」「大手企業にない細やかさ」「豊富な現場経験」などなど答えて20年以上たったところです。
しかし、昨今の世の中の動きと弊社のかかわりを大所高所からながめていくと、ひとつの変わらない姿が浮かび上がることに驚きを禁じえません。それは、常にM&Partners Internationalの取組みや活動が時代の半歩先にあった、ということです。

ここ数年の「インバウンド景気」、「外国人労働者受け入れ拡大」「女性活躍推進」「テレワーク推進」「ハラスメント問題の対策」等々、どれもこれも、私の個人的な活動を含めすべて創業前からずっと弊社が深く取り組んできた課題ばかりです。

「時代の半歩先を目指せ!」という号令をかけたのでなく、「これは大切だ」「これに対処しなきゃ」と必要に駆られて取り組んでみたら、そのあとから時代・社会・制度が追い付いてきたというのが実感なのです。

女性だったから・
世界を意識していたから、
そしてぶれなかったから

今や大きな社会課題となった問題を弊社が先取りし、いまやビジネスの柱となったのは偶然ではなく、それはM&Partners International がM&Partners Internationalであったから、と考えています。

創業時代、男性の方たちにありがちな「ビジネスはこうあるべし」という規範に縛られることなく、やりたいこと、したいことに躊躇なく飛び込んできました。また、当時まだ少数だった海外経験者は似たような視点をもつ人材のネットワークが築けたことは今の弊社のビジネスの基盤となっています。
そして、一貫して掲げた創業の精神「ビジネスを通して社会へ貢献する」が円熟期を迎えている日本社会の空気にシンクロしているのだと確信しています。

これからも、小さいけれど時代の半歩先を歩み続ける会社でありたい。

どうぞ皆様もご期待とご声援をおよせください。
代表以下一同、全社あげて頑張ります。

M & Partners

CONTACT

M&Partners International の事業に関する
ご質問や、
各種ご相談などいつでも
お気軽にお問い合わせ下さい。
また、採用についてもお問い合わせ下さい。

お問い合わせ